杜氏あいさつ

酒販店を継いで30年。
専門店として全国津々浦々の蔵元へ訪問してきました。
何度お邪魔しても「特約店」になれない蔵元さんも勿論ありました。
長年の間、色々複雑な思いがありました。
ご縁をいただく蔵元さんとお客様の橋渡し役として、しっかりと造りを伝え、蔵の背景から味わいを伝えて来ました。

しかし、所詮は小売り。「人の褌で相撲をとっている」という思いは抜けきれませんでした。
造り手の本当の苦労を心底実感したわけではなく、出張に行って各蔵を訪れ、泊まりでお手伝いをし、写真に収め、如何にも手伝って来て酒の真髄を知っているかのようにお客様に伝えていた自分に納得が行ってない自分がいました。

そんな中、地元の中津川には小さな街でありながら5社の酒蔵がある事に誇りを持っていた為、「中津川五銘酒」という商品を、各蔵元さんに協力して頂き作りました。
大変な人気でお土産や、贈り物に使われて来たのですが、その中でも、唯一全て手造りで、江戸時代からの造りを守り、ご夫婦二人で最も少量の約20石程しか造っていない蔵が、後継者無くいづれは廃業という話を聞き、何とか私にやらせて下さい。との想いで今に至りました。

広島にある「日本酒類総合研究所」の寮に入り2ヵ月の杜氏の勉強と試験を受け、50歳になり新たな挑戦となった蔵です。
21代続いた先代の日本酒「春一番地」と「小野櫻」に続き、私の新ブランド「ふかもり」を加え出発です。
しかし手造りの世界一と言っても過言では無い程の小さな造り。
未だに木桶の甑でお米を蒸し、木舟で搾っています。
是非、全国でも稀なこの蔵の味をお伝えして参ります。

22代目当主 大鋸伸行